KURAGE online | ジェット の情報

KURAGE online | ジェット の情報

「 スペースジェット 」 の情報 

翔べ!スペースジェット

スペースジェット愛知県は航空宇宙産業の集積地。中でも国産初のジェット旅客機スペースジェットに対する期待は大きなものがあります。一方、

三菱重「ジェット」損失響く 過去最大579億円赤字

子会社の三菱航空機が開発するジェット旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」事業の損失が響いた。新型コロナウイルス感染拡大で航空需要が

連載379 山田順の「週刊:未来地図」飛べない「三菱ジェット」は日本凋落の象徴か(中)

三菱の株主総会で発表されたとおり、6月30日をもって、スペースジェットの開発最高責任者のアレクサンダー・ベラミー氏(40歳)は、三菱を去った。 ベラミー氏は、

三菱スペースジェット納入問題! (4) 航空会社の経営が逼迫している!

三菱重工業がスペースジェット(MSJ)の開発で、6度もの納入延期を繰り返しながら開発を続けてきた理由の1つが、小型機市場の需要増加が見込まれていたこと

三菱航空機・元開発トップ、かなわなかった意思疎通

スペースジェットは今年2月に6度目の納入延期を発表し、20年3月期には減損損失などで2600億円強の費用を計上した。「ベラミー氏はもともと飛行試験の担当に

航空機減産 部品に逆風 民間機低迷、長期化へ

新明和工業も移転候補の人員・設備のリスト化を始めた。早期の航空機需要の回復は見込めず、三菱重工業のジェット旅客機「スペースジェット」の開発も遅れて

三菱航空機、2年ぶり債務超過=20年3月期

三菱重工業の子会社で、小型ジェット旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)を開発している三菱航空機が2020年3月期に4646億円の債務超過に陥った。負債が

三菱航空機・開発トップのベラミー氏、かなわなかった意思疎通

三菱重工業傘下の三菱航空機で小型ジェット機「スペースジェット」の開発責任者を務めていたアレクサンダー・ベラミー氏(40)が6月30日、ひっそりと会社を去った

半導体・ディスプレーに続き…「メード・イン・ジャパン」旅客機も失敗

スペースジェットは2000年代半ば、日本の経済産業省主導で始まった国家プロジェクトだった。日本の産業力を結集し、90席規模の小型旅客機を国産化することを

スペースジェットの遅れ陳謝 株主総会で三菱重工社長

三菱重工業の泉沢清次社長は26日、東京都内で開いた定時株主総会で、初号機納入を2021年度以降に延期した小型旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)

Copyright© KURAGE online | ジェット の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.